カウンセラーの相談内容

カウンセラーの相談内容

留学を考えている高校生や、その両親の方は、留学のカウンセラーに相談してみてはいかがでしょうか。
留学に関するさまざまな知識を持っている方ですので、さまざまな質問に答えてくれますし、解決することのできる問題も多くあります。

 

カウンセラーに話をするためには、留学手配会社や団体の開催している留学説明会に参加するか、電話で予約すれば相談に乗ってくれます。
まずは一度申し込んでみることをお勧めします。

 

 

 

カウンセラーによくある相談には留学の適性診断があります。
留学に適性があるのかどうかということは、性格的な向き不向きというよりは、本人のやる気があるかどうかということや、留学に対する考え方がはっきりしているかどうかで判断されます。

 

確かに積極的で社交的な性格の方が留学生活には早くなじめるかもしれませんが、決してない公的な人に留学が不向きというわけではありません。
カウンセラーは留学に取り組む人を評価し、本当に留学がプラスに働くかどうかを見極めてアドバイスしてくれるでしょう。

 

また、カウンセラーは本人と両親の熱意についてよく見ています。
高校生の留学に関しては、両親の賛成と、留学生本人のやる気の両方が伴わなければ実現は非常に難しいでしょう。

 

どちらか一方でも欠けている場合は、留学が成功することはほとんどないといっても過言ではありません。
カウンセリングでは、こうした親子の温度差を感じた場合、しばしば両親と本人とカウンセラーがそろって話す機会を設けます。
留学の意義を第3者であるカウンセラーに説明してもらい、さらに家族で問題になっていることの解決策を提示してもらうことで、全員が納得するまで話し合うことが出来ます。